CULTURE 15 Jun 2019

イタリアと共にお祝い。イタリア共和国建国記念日レセプション Festa della Republica

SHARE

イタリア人にとって特別な日、Festa della Republica

第二次世界大戦後の1946年6月2日、イタリアではそれまでの王政を廃止し、共和制となることを国民投票によって決定しました。この歴史的な日を共和国建国記念日(Festa della Repubblica)として、イタリアでは6月2日は国民の休日とされています。この日はお祝いムード一色となります。

ローマでは、軍隊パレードが行われる他、イタリア全土でも共和国建国を記念したイベントやアトラクションが行われるなど、イタリア人が晴れやかな気分になる、特別な日なのです。

イタリアンブランドも総出でお祝いする大使館でのレセプション

去る5月30日、今年もそのイタリア共和国建国記念日を祝うレセプションが、イタリア大使館 大使公邸(東京都港区)で開催されました。

日本に住むイタリア人やその家族、イタリアに縁のある様々なゲストが招待され、会場を埋め尽くすほどの人で大変な賑わいでした。

italia

自動車・食・飲料などイタリアを代表する多岐に渡るブランドがスポンサーとして参加。我々SHOP ITALIAはメディアパートナーとして、昨年に続き参加させていただきました。

italia

会場ではSHOP ITALIAオリジナルシールを配布しました

イタリア共和国建国記念日レセプション 協賛各社
大使公邸の美しい日本庭園が開放され、中庭ステージ横には、イタリア自動車ブランドの展示。セガフレード、カルピジャーニ、カンパリ、サンペレグリノなどのイタリアンブランドも勢ぞろいしていました。

italiaアーティスト片桐仁氏によってペイントされた新型FIAT 500X

italia

カンパリのドリンク

italia

ジェラートもたくさん用意

サンペレグリノがのどを潤してくれました
夕暮れ時、駐日イタリア大使のジョルジョ・スタラーチェ氏の開会の挨拶と共にいよいよプログラムがスタート。

開会のスピーチをする駐日イタリア大使のジョルジョ・スタラーチェ氏

主賓として臨席した山田賢司外務大臣政務官からの祝辞に続き、柴山昌彦文部科学大臣が、所沢市が2020年東京オリンピックのイタリアのホストタウンに選ばれたことに触れながら、スポーツとイタリア料理の交流を進めたいと述べ、乾杯とともに華々しくレセプションが幕を開けました。

祝辞を述べる山田賢司 外務大臣政務官

ジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使とともに乾杯する柴山昌彦文部科学大臣

今年のレセプションでは、参加者を対象としたラッフルゲームが行われ、当選者には豪華景品が送られるなどの催し物も。

italiaラッフルのクジを引き、当選者を発表するFCA株式会社のティツィアナ・アランプレセ マーケティング本部長

イタリア人にとって晴れやかな気分になる、Festa della Republica。

italia

重厚感のある大使公邸の中でも、どこかアットホームな雰囲気が漂い、顔なじみの人たちとの会話を、美味しい食事やドリンクと一緒に楽しむ、そんなレセプションでした。

イタリア共和国建国記念レセプションの様子を収めたビデオはこちらからご覧いただけます。

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
イタリア共和国記念日(Italian National Day)のイタリア大使館でのレセプションが華やかに開催された夜【イタリアな日々】

メールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
「SHOP ITALIA」編集部
「SHOP ITALIA」編集部

「SHOP ITALIA」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。☛https://shop-italia.jp/contact/

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine