NEWS
CULTURE 09 Apr 2019

イタリア文化をより身近に。「iTALiA WEEK」を日本橋三越本店で期間限定開催

SHARE

日本橋三越本店では、「三越イタリア展・イタリアウイーク」を4月10日(水)〜4月17日(水)の期間で開催します。
Molto buono(絶品)」、「Salute!(乾杯)」、「Bella(美しさ)」の三つのコンセプトの下、様々なイタリア文化が体験できます。

Molto buono | ミシュラン一つ星レストランが三越へ。

Molto buonoでは、2019年にミシュラン一つ星を獲得した本場イタリアのシェフが来日し、極上のイタリア料理を提供します。

4月10日(水)〜14日(日)は、エミリア・ロマーニャ州の中心部に位置する農産・畜産物の宝庫、レッジョ・エミリアに2006年にオープンした「リストランテ カ マティルデ」が登場。
牛舎だった古い建物を改装し、シェフのアンドレア氏の「心からおもてなしをしたい」という思いが込められた宿付きのレストランです。まわりは自然に包まれ、野菜やハーブなどを自身で栽培。イタリア本国では地産地消を心がけた料理を提供しています。

italy

4月15日(月)〜17日(水)は、ロンドンやムンバイなど数々の有名レストランで経験を積んだアドリアーノ バルダッサッレ氏がシェフを務め、創作性豊かなローマ伝統料理を楽しめる「リストランテ トルドマット」が登場。
2016年にローマにオープンした、モダンな店内で供される料理は、エレガントでありながらもローマの伝統を感じさせるものばかり。生粋のローマっ子を自負するシェフのこだわりが詰まっています。

italy

「リストランテ カ マティルデ」、「リストランテ トルドマット」共に、オンラインストア予約限定コースをご用意。
伝統とシェフの感性際立つコースをこの機会に是非ご堪能ください。

italy

乾杯にぴったりなフランチャコルタと、リゾットが包まれた目にも楽しい「ボンバ ディ リーゾ」、レッジョ・エミリア伝統のドルチェ「ズッパイングレーゼ」などを贅沢に味わえます。

italy

アドリアーノシェフのスペシャリテ「ラビオリ」や、パンと豆を使ったスープ「パンコット」、リコリス香るティラミスなどをお楽しみいただけます。

Salute! | 4つの州を代表するワインとチーズが織りなす最高のペアリング

海に囲まれ、南北に長いイタリアは地域によって気候や土壌が異なり、その土地ごとに個性豊かなワインが造られているイタリア。チーズも同様にそれぞれの地域で全く違う個性を持ちます。
「Salute!」乾杯を意味するこの言葉をコンセプトに、イタリア4州のワインとチーズの組み合わせをご紹介。

ピエモンテ州からは赤ワインとセミハードタイプチーズのペアリングです。
イタリアワインの女王とも称される「バルバレスコ」。ネッビオーロ種の骨格と香りを最大限に引き出すよう、樫の大樽で長い間熟成された一本に合わせるチーズは、ブドウの搾りかすをプレスして半年寝かせ、ワインの香りをしみこませたテストゥン アル バローロ。ワインの風味が寄り添い合う、贅沢なペアリングです。

italy

プーリア州からはロゼワインとフレッシュチーズのペアリング。
果実味豊かな辛口のロゼは、渋みと酸味が抑えめで飲みやすく、フレッシュかつ濃厚なブラティーナと好相性。桃を添えて食べるのもおすすめです。

italy

ヴェネト州からはプロセッコとセミハードタイプチーズの組み合わせ。
繊細な泡立ちとやわらかな口あたりが魅力のスパークリングワイン「プロセッコ」。洋ナシやリンゴのフレッシュなアロマとすっきりとした酸が、アジアーゴのしっかりとした旨味と同調し、お互いのおいしさを引き立てます。

italy

そして最後にシチリア州からは白ワインとシチリアのハードタイプチーズの組み合わせです。
イタリア南部の海に恵まれたシチリア島で造られる白ワイン。華やかなトロピカル・フルーツのアロマに上質な酸とミネラルのバランスが魅惑的な一本には、塩気と独特の旨味を感じられるラグサーノがマッチします。

italy

Bella | 伝統のヴェネチアンガラスの新たな姿と進化する魅力

女性の美しさを意味する「Bella」では「ヴェネチアンガラス」に注目。
イタリア・ヴェネチア、ムラーノ島で発祥し、何世紀にもわたって技術が受け継がれながらも、進化を遂げてきた「ヴェネチアンガラス」。伝統の技術と職人独自の技が織り重なり様々な表情が生まれる芸術品です。グラスやアクセサリーなど様々な形で広く親しまれていますが、今回は一味違う進化したアイテムも紹介。

オリジナリティあふれるヴェネチアンガラスを創作し続ける〈ラルベロ〉が、スイスの時計メーカー〈ACHOR社〉とコラボレーションしたリストウォッチ。
会場には一点ものはもちろん、2019年の新作もラインナップ。

italy

その他にも、日本人にもヴェネチアンガラスをより親しんでもらいたいという思いから生まれた「帯留め」や三越イタリア展のために作られたヴェネチアンガラスのボタンなどが販売されます。

italy

italy

各階では、ワークショップや各種イベントも。東京でイタリア文化を体験できる貴重な1週間

イタリアウイークでは、他にもワークショップや特別なイベントが開催され、ファッション、料理、アートなど、様々なイタリア文化を体感できます。

〈ワークショップ/特別イベント〉
イタリア刺繍 プントアンティーコ ワークショップ
〈N.H.サルトリア〉コーディネート会
色絵の旅の記憶 清閑寺窯杉田眞龍 茶陶展
〜愛と優しさの花々につつまれて〜イーダ・ヴァリッキオ追悼展
〈イータリー〉×「ジローラモ家」イタリア食材を学ぶ!  他

普段なら目にすることがないものや、今まで知らなかったイタリアを体験できるのはこの期間のみ。
期間限定開催となる「三越イタリア展」にあなたも足を運んで見ては?

三越イタリアウイーク
2019年4月10日(水)〜16日(火)
日本橋三越本店 本館・新館 各階
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/event_calendar/italia/201904.html
WRITER PROFILE
「SHOP ITALIA」編集部
「SHOP ITALIA」編集部

「SHOP ITALIA」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。☛https://shop-italia.jp/contact/

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine