FEATURE
CULTURE 18 Dec 2019

【Buon Natale】フィレンツェのクリスマスマーケット巡りはいかが?

SHARE

メルカート・ディ・ナターレ巡りは楽しい

イタリア語でクリスマスのことはNatale(ナターレ)と言いますが、Mercato di Natale(メルカート・ディ・ナターレ=クリスマスマーケット)がイタリアでは11月下旬から週末ともなると各地で開かれるようになります。
クリスマスのプレゼントやクリスマスに楽しむ食べ物など色んなものが売られるクリスマスマーケットですが、私の住むフィレンツェでもあちこちで開かれており、先週の日曜日はクリスマスマーケット巡りをしてきました。

普段一般公開されていない豪華なコルシーニ宮殿のクリスマスマーケット

最初に訪れたのはアルノ川に面するコルシーニ宮殿で開催されたクリスマスマーケット。このマーケットの魅力はなんといってもフレスコ画で埋め尽くされたまばゆいサロンの数々がゴージャスな会場です。

コルシーニ宮殿のクリスマスマーケットの様子

昨年も訪れたのですが、マーケットの商品が目に入らないほど宮殿の美しさに目を奪われてしまいました。この宮殿はプライベート所有で特別なイベントでの貸出以外はほぼ一般公開されていないため、こういった機会がないとなかなか目にすることができないというエクスクルーシブな魅力もあります。

コルシーニ宮殿のクリスマスマーケットの様子

各サロンごとにクリスマスギフトにふさわしい商品が並びます。ジュエリーやバッグ、洋服などファッション衣類や本、デザインアイテム、家庭用のリネンやインテリアグッズ、香水や化粧品など幅広いラインナップ。

ジュエリーが並ぶクリスマスマーケット

生活用品が並ぶクリスマスマーケット

ディスプレイが素敵なので眺めるだけでも楽しいです。クリスマスや年末年始のランチやディナーで食べられるパネットーネやスモークサーモンなどの食品も。

パネットーネやスモークサーモンなどの食品も並んでいます

このマーケットはフィレンツェの「File」という医療関係のNPO法人が主催、フィレンツェ市が後援で毎年開かれ今年で17回目を迎え、マーケットでの売上の一部がこのNPO法人の活動へ寄付されます。ヴィンテージファッションのサロンでは、寄付で集まったヴィンテージクローズやアクセサリーが販売されていました。

この宮殿にはもうひとつ魅力があるのですが、それは浮世離れした洞窟風のサロン。サロンに入った人たちは思わず息を飲むほど優美なサロンで、ここでは休憩や食事ができます。

洞窟風のサロンの様子

会場を訪れた人たちはマーケットでのショッピングでの合間に、この素晴らしい空間でコーヒーを飲みながらおしゃべりに花を咲かせていました。

サロンに併設するバールの様子

とてもゴージャスな空間でのクリスマスマーケットにフィレンツェ市民も感動し、併設バールで働くバリスタとお客さんの間の会話では「君たち、素晴らしい会場設営をしたね」「そうなんだよ、昨夜は徹夜でこの天井画を描いたんだよ。上手に描けたでしょ?(笑)」などというジョークが飛び交うほどでした。

続いてはトレンドスポット‟旧タバコ工場”でアーティスティックなマーケット

使用されなくなり廃墟となっていた旧タバコ工場がリノベーションされてオシャレなスポットによみがえったmanifattura tabacchi(マニファットゥーラ・タバッキ=タバコ工場)。

旧タバコ工場からリノベーションされたマーケットの外観

トレンドに敏感なフィレンツェ市民が集まる場所として注目を集めています。ここではコンサートやアーティストの展覧会などのイベントが開かれたり、アペリティーボなどを楽しめるバーが併設されています。

旧タバコ工場の名残りが見て取れる建物内の様子

煙突や天井に配置されているいくつものパイプ、使用されなくなった機械などタバコ工場の名残りがあちこちに見て取れる建物は、少し退廃的で独特な雰囲気を醸し出しています。ここではイタリア中から40人のデザイナーや職人たちが集まったクリスマスマーケットが開かれました。

旧タバコ工場の名残りが見て取れる建物内の様子

フィレンツェ在住のジュエリー&ボディー・オーナメンツのデザイナー、レティツィア・レンツィさんは手作りしたユニークなスカートが目を引くファッションでマーケットに参加。自身のジュエリーブランドDeaMatris(デアマトリス)のオリジナルアクセサリーを販売していました。

デザイナーと自身のジュエリーをマーケットで展開している様子

ハンドメイドアクセサリー

オリジナルアート作品やハンドメイドアクセサリー、インテリア用品や洋服など、ここではカジュアルでアーティスティックなラインナップの商品が販売されていました。

帽子が並ぶマーケットの様子

ハンドメイドアクセサリー

またバーでは色とりどりのブルスケッタやハンドメイドデザートなどが提供され、会場を訪れた人たちはショッピングの合間にお気に入りの飲み物を頼んでリラックスしたり久しぶりに会う友人たちと挨拶していました。

色とりどりのブルスケッタやハンドメイドデザート

色とりどりのブルスケッタやハンドメイドデザート

最後にフィレンツェで最も有名なサンタクローチェのクリスマスマーケット

最後に訪れたのはフィレンツェで最も有名で毎年開催されているサンタクローチェ教会前広場のクリスマスマーケットです。毎年、ポーランドやドイツなど外国からも出展されるマーケットで、クリスマスの工芸品やプレッツェルなど飲食系約50のスタンドが立ち並びます。

サンタクローチェのクリスマスマーケット

ドイツのクリスマスマーケット風の木造のスタンドで今年は11月23日から12月22日までおよそ1ヶ月間開かれています。10時から22時まで営業されているので、ランチやディナーを楽しんだり、食後にVin Brule’(ヴィン・ブルレ)と呼ばれるスパイス入りのホットワインを味わうことができます。

食品が出店されている様子

私も毎年一度はここで食事をしますが、ポーランドからの出店のグーヤッシュ(ビーフシチュー)やオーストリアやドイツからの出店のシュトゥルーデルなど様々なメニューがあって目移りしてしまいます。

食品が出店されている様子

ここに来ればイタリア料理以外の食事の選択肢が沢山あるので、旅行中にイタリア料理に飽きたという観光客にもお薦めです。また、食事の前後にはクリスマスの工芸品やお土産に良さそうなアイテムのショッピングも楽しめます。

クリスマスの工芸品やお土産に良さそうなアイテム

一言でクリスマスマーケットといっても、色んなタイプがあるイタリアのクリスマスマーケット。もし11月下旬から12月にかけてイタリアを訪れる機会があれば覗いてみてはいかがでしょうか。

イタリアのクリスマス情報がたくさん!
もうすぐクリスマス! イタリア人はどんなプレゼントを贈り合う?
クリスマス映画「Cinepanettone(チネパネットーネ)」をおすすめ
クリスマスと年末の挨拶のイタリア語 お相手別の25フレーズをご紹介

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック
WRITER PROFILE
小林 真子 Mako Kobayashi
小林 真子 Mako Kobayashi

フィレンツェ在住。元静岡朝日テレビ報道記者。2012年よりフィレンツェ在局FMラジオ番組レギュラー出演。イタリアの労働ビザを取得し、イタリア製アイテムのオンラインショップ「AmicaMako(アミーカ・マコ)」を経営。2013年、イタリアのテレビ局SKYのドキュメンタリー番組に出演。「週刊新潮」「宅ふぁいる便」等でイタリア関連の記事やコラムを執筆。 AmicaMako https://www.facebook.com/amicamako/ https://www.blog.amicamako.com/ https://www.instagram.com/amicamako/

PR

ふわふわオムライスが看板メニューのカフェ&デリ「オッキアーリ」|愛車と楽しむおすすめカフェ巡り(岐阜)

SCORPION MAGAZINE
PR

イタリア流エスプレッソの楽しみ方

fiat magazine CIAO!
PR

イタリアのライフスタイルそのものを伝えたい。老舗チョコレート店「ヴェンキ」の挑戦

Mondo Alfa
PR

本場イタリアも驚く、絶品ナポリピッツァ 東京の名店

fiat magazine CIAO!
PR

イタリア人料理家直伝! 手軽で本格的なボロネーゼを作っチャオ

fiat magazine CIAO!
PR

山崎貴監督インタビュー : 最新作『ルパン三世 THE FIRST』への思いを語る Vol.01

fiat magazine CIAO!