NEWS
CULTURE 09 Apr 2018

イタリアンフェスティバル「イタリア・アモーレ・ミオ!」。4月21、22日は天王洲アイルへ!

平林 享子 Kyoko Hirabayashi
SHARE

今年のテーマは「美を建てる」

日本イタリア国交樹立150周年を記念し、2016年にスタートしたイタリアンフェスティバル「イタリア・アモーレ・ミオ!(Italia Amore Mio!)」。3回目となる今回は、4月21日、22日に開催されます。

今年のテーマは「美を建てる」。イタリアといえば美、アートということで、手塚貴晴など気鋭の建築家による討論会などがおこなわれ、美と建築について語り合います。ちなみに会場となる天王洲アイル/キャナルサイド・寺田倉庫も、世界的建築家の隈研吾氏が設計した船型施設や木張りのボードウォークなどがあり注目のロケーションです。

ラグジュアリーブランドからストリートフードまで幅広く

今年の「イタリア・アモーレ・ミオ!」イベントは、大きく4つのパートで構成されます。

1「Le Stanze(レ・スタンツェ)」

フェラーリ、マセラティ、ランボルギーニなどのラグジュアリーブランドの展示、オリジナルカクテル「Amore mio」が楽しめるThe Love Bar、トスカーナ州の有名シェフのロベルト・ロッシによるプライベートダイニング(事前予約制)など。

2「Piazza Italia(ピアッツァ・イタリア)」

バリラ・パスタ・バーをはじめ、イタリアの伝統料理、郷土料理のレストランが出店。

3「Via Canale(ヴィア・カナーレ)」

30を超えるストリートフードのブースが並び、ピッツァやジェラート、エスプレッソなどイタリアの味を気軽に楽しめる。

4「Nava Amore(ナーヴェ・アモーレ)」

船上がメインステージとなり、イタリア映画の上映や、イタリアから来日したアーティストによる数々のライブパフォーマンスが行われる。

フード、ファッション、アート、エンターテインメント…イタリアをさまざまに楽しむ盛りだくさんのイベント、詳細については公式サイト(https://italia-amore-mio.com/ja/)でご確認の上、お出かけください。

イタリア往復航空券が当たる写真コンテストも


「イタリア・アモーレ・ミオ!」Facebookページ(https://www.facebook.com/amoremio.jp/)にスマートフォンやタブレットなどからアクセスし、コンテストの案内(3月1日の投稿)に設置された「試す」ボタンを押して写真を撮影して投稿。その後「イタリア・アモーレ・ミオ!」のページをシェアすれば応募は完了です(応募はスマートフォン・タブレットからのみ)。

イタリアンフェスの開催を記念し、イタリア往復航空券(2名)が当たる「あなたの好きなものを教えてください写真コンテスト」も。テーマは愛する人やもの。恋人、ペット、ブランド、食べ物などなんでもOK。投稿写真は「イタリア・アモーレ・ミオ!」開催中、天王洲アイルの会場にポスターとして飾られます。

応募期間は2018年4月18日まで。イタリア往復航空券の当選者は、「イタリア・アモーレ・ミオ!」会場で発表予定。

INFORMATION
●イタリア・アモーレ・ミオ!(Italia, Amore Mio!)
●日程:2018年4月21日[土]・22日[日]
●会場:天王洲アイル/キャナルサイド・寺田倉庫
●公式サイト https://italia-amore-mio.com/ja/
●主催:在日イタリア商工会議所(ICCJ) www.iccj.or.jp
●入場無料(VIPラウンジは招待客のみ)
●東京の後、名古屋、大阪でも開催あり。
7月21~22日、名古屋テレビ塔。11月3~4日、グランフロント大阪。
WRITER PROFILE
平林 享子 Kyoko Hirabayashi
平林 享子 Kyoko Hirabayashi

エディター、ライター。早稲田大学教育学部卒業。美術・デザイン・映画を得意ジャンルとするフリーランスとしてさまざまな雑誌で活動した後、映画制作会社のスタジオジブリの出版部へ。インハウスエディターとして、宮崎駿著『折り返し点』(岩波書店)などの書籍、展覧会図録、広報誌「熱風」の編集を担当。ジブリ退職後は活動の場をWebメディアに移し、2018年よりWebマガジン「SHOP ITALIA」の創刊編集長。

PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa