FEATURE
BEAUTY 04 Oct 2019

サレルノ→ロンドンから表参道へ! イタリア人ヘアスタイリスト、Fabio Alfano(ファビオ・アルファーノ)さんインタビュー

SHARE

なぜイタリア伊達男が表参道で美容院をオープンさせたのか?

東京・表参道にイタリア人がオーナーを務めるヘアサロン「FABIO ALFANO ヘアドレッシング」

東京・表参道にイタリア人がオーナーを務めるヘアサロンがあります。その名は「FABIO ALFANO ヘアドレッシング」。なぜイタリア人が日本でヘアサロンをオープンさせたのでしょうか? 同店代表のFabio Alfano(ファビオ・アルファーノ)さんに話を訊きに行ってきました。

東京・表参道にイタリア人がオーナーを務めるヘアサロン「FABIO ALFANO ヘアドレッシング」

SHOP ITALIA 今日はよろしくお願いします。早速ですが、ファビオさんはイタリアのどちらのご出身なんですか?
Fabio サレルノです。南イタリアの、日本でも有名なアマルフィの近くですね。
SHOP ITALIA サレルノでヘアスタイリストを始めたのですか?
Fabio 父親がサレルノでサロンをやっていました。小さな頃はヘアスタイリストに興味はありませんでした。しかし、父はヘアスタイリストの先生であり、仕事にとても情熱をもっていました。彼のそばにいて、徐々に興味を持ったのです。そして中学卒業と同時に父を手伝い始めました。
SHOP ITALIA 最初に髪を切ったのはいつですか?
Fabio 16歳の時です。その日サロンはお休みで、友人に切ってほしい、と頼まれて。その後、もっと本格的にヘアスタイリストの仕事をやりたいと考え、19歳からフィレンツェやボローニャのサロンで働きました。さらに、ロンドンに渡り、世界的なサロン「TONI&GUY」でキャリアを積んだのです。
SHOP ITALIA 有名なサロンですね。

東京・表参道にイタリア人がオーナーを務めるヘアサロン「FABIO ALFANO ヘアドレッシング」

Fabio 「TONI&GUY」のフラッグシップサロンでヘアスタイリストをすると同時に、ヘアスタイリストを志す人たちのアカデミーで講師も務めていました。
SHOP ITALIA ヘアサロンの中心であるロンドンから、なぜ東京に来ることとなったのですか?
Fabio ロンドンのサロンには日本人も働いていて、プライベートでも遊ぶ仲でした。彼がきっかけで、日本人の友達も増えて、そのなかのひとりが妻となったのです。
SHOP ITALIA 隣にいらっしゃる、めぐみさんですね。

日本人との結婚を機に

東京・表参道にイタリア人がオーナーを務めるヘアサロン「FABIO ALFANO ヘアドレッシング」

Fabio 彼女はアロマテラピーを学ぶためにロンドンにきていました。仲良くなり、ロンドンで彼女と結婚をしたのですが、しばらくすると東京のサロンから誘いを受けたのです。スタイリストだけではなく、マネージャーとして、講師として、新しくできるサロンの運営をやってくれないか、と。
SHOP ITALIA そして東京にやってきた。
Fabio はい。そこでしばらく働き、独立して2016年に南青山に「FA ヘアドレッシング」を開きました。

東京・表参道にイタリア人がオーナーを務めるヘアサロン「FABIO ALFANO ヘアドレッシング」

SHOP ITALIA お客さんはほとんど日本人ですか?
Fabio ほとんどが外国人です。やはり日本人とは髪質が異なるので、それを理解している我々のところへやってきてくれるのです。ただし、日本人のお客様も増えてきています。私以外のスタッフは日本人ですし。日本のサロンにはない技術やアイディアを持っているので、それを求めて来られる日本人のお客様も増えています。

バカンスはサレルノで2ヶ月間

SHOP ITALIA 日本での生活には慣れましたか?
Fabio 妻は関西出身で、二人とも東京での生活は初めてでした。サロンの場所を探すにしても二人とも土地勘がないので、最初はとまどいましたね。でも、子供たちも含め、すっかり東京での生活に慣れました。
SHOP ITALIA サレルノに行かれることもあるのですか?
Fabio 毎年夏に帰ります。私は仕事があるので1、2週間ほどしかいられませんが、妻と二人の子供は2ヶ月ほどいます。
SHOP ITALIA めぐみさんは、サレルノをどう思われていますか?
Megumi サレルノは私にとって第二の故郷です。サレルノの食文化やアートにはいつも刺激を受け、それを日本に持ち帰るようにしています。また、子供達には父親の生まれ育った街やイタリアの文化に少しでも長く触れることが出来るように色々な経験をさせる場所でもあります。
SHOP ITALIA このサロンでも働かれているのですか?
Megumi お客様やスタッフともコミュニケーションが取れるようにサロンに来ています。また、サロンの雰囲気を常に新鮮に保てるように、お花のアレンジもしています。

東京・表参道にイタリア人がオーナーを務めるヘアサロン「FABIO ALFANO ヘアドレッシング」

SHOP ITALIA 日本の秋を感じさせるお花のアレンジですね。インテリアの雰囲気とも合ってます。
Fabio サロンのインテリアは、スペイン人のハビエール・ビヤール・ルイズ氏と山崎智貴氏による建築家スタジオ「ハプンスタンス・コレクティブHappenstance Collective (HaCo)」がデザインを手がけました。気が散るようなものは一切置かず、空間を可能な限り生かしたシンプルなデザインです。
SHOP ITALIA とくにアーチ状の梁が印象的ですね。使われているシャンプーなどはイタリア製ですか?
Fabio 「Davines」というパルマのものです。シャンプー、トリートメントをはじめ、オイル、パックまでこちらのものを使っています。

東京・表参道にイタリア人がオーナーを務めるヘアサロン「FABIO ALFANO ヘアドレッシング」

SHOP ITALIA 今後の目標を教えてください。
Fabio 現在、「FA ヘアドレッシング」をベースに、ファッションショウのヘアをやったりしています。最近では、国内で行われたクリスチャン ディオールやヴァレンティノのショウをやりました。それと同時に、やはりヘアスタイリストを目指す人たち、またはすでにヘアスタイリストとしてスタートした人たちへの教育に情熱を注いでいます。日本のテクニックは素晴らしいですが、ヨーロッパのテクニックも知れば、もっと成長できるはずです。

東京・表参道にイタリア人がオーナーを務めるヘアサロン「FABIO ALFANO ヘアドレッシング」

SHOP ITALIA 日本とヨーロッパのヘアカットのテクニックは違うんですね?
Fabio 日本のヘアカットのテクニックは、多くの場合、男性向けの理髪店のものがベースになっています。それは素晴らしいもので、ほとんどすべてのヘアカットに応用できます。しかし、男性と女性では髪質は当然、スタイリングも異なります。我々がスタートさせた「FA教育プログラム」はヘアスタイリストとしての情熱を持った人に最高のテクニックを伝えたいと考えています。

東京・表参道にイタリア人がオーナーを務めるヘアサロン「FABIO ALFANO ヘアドレッシング」

SHOP ITALIA 何歳になっても学ぶことが大事なんですね。最後に、日本人の髪へのアドバイスをいただけますか?
Fabio 日本人の髪は美しいと思います。しかし、明るい髪色を作ろうとするときに問題を感じます。また、日本人は髪が細い人が多いので、ヘアカットに工夫をしてボリュームを出すことも意識すべきでしょう。私のサロンに来ていただければ解決できると思います。
SHOP ITALIA イタリア男のヘアスタイルは格好いいですもんね。今度ぜひ髪の毛切ってください!
Fabio もちろん。美味しいエスプレッソやカプチーノもありますので、お待ちしてます。
SHOP ITALIA 今日はありがとうございました。

FABIO ALFANO HAIRDRESSING

http://fabio-alfano.com/jp/
東京都港区南青山3-8-39西野ビル4F
営業時間:月・水~土曜日 9時~19時
定休日:日・火曜日
電話:03-6721-0889

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
30歳を目前にイタリアへ移住!子ども服のオンラインショップを経営する小川美佳さんインタビュー
イタリアでお化粧品を買うなら、コスメショップと薬局どちらがオススメ?
ローマで見つけた「Ugualimai(ウグアリマイ)」は、アンティークとモダンを組み合わせる唯一無二のジュエリーでした

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
荻山尚
荻山尚

SHOP ITALIA編集長。ENGINEやCAR MAGAZINEなどの自動車雑誌編集者を経て、LEON副編集長、SENSE編集長を務めるなどファッションへの造詣も深い1972年生まれ。ピッティ・ウォモやミラノのコレクション、国際試乗会などイタリア取材の経験も豊富。

PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine