NEWS
AUTOMOTIVE 18 Oct 2019

天才エンジニアが生み出した「ダラーラ・ストラダーレ」のなかでも特別なグロスブラックカーボンファイバーボディが第46回東京モーターショー2019にやってきます

SHARE

ジャンパオロ・ダラーラとは?

ダラーラストラダーレの最高速は280km/h

ジャンパオロ・ダラーラという人物をご存知でしょうか? パルマで1936年に生まれ、ミラノ工科大学で航空力学を専攻し、フェラーリやマセラティでキャリアを積み、ランボルギーニ移籍後は伝説のスーパーカー、ミウラ誕生に貢献したエンジニアが彼の主な経歴です。フォーミュラカーをはじめ、世界各地のレーストラックで培われたレースカー作りへの多大なノウハウを持つジャンパオロが自らの名を冠した自動車メーカー「ダラーラ」を1972年に創業しました。

これまでのカーボンファイバー・テクノロジー、究極のエアロダイナミクス&ヴィークルダイナミクス開発リソースによる理想のロードカーが完成しました。ダラーラの創始者であるジャンパオロ・ダラーラの夢を実現した「ダラーラ・ストラダーレ」。 純粋な走る喜びを追求する新ジャンル・スポーツカーの誕生です。

ダラーラ・ストラダーレの凄さとは?

ダラーラストラダーレはサーキットから一般道まで楽しいドライブを提供する

ダラーラ・ストラダーレの最初のモデルは、オーナーのジャンパオロ・ダラーラの本人の手へ。彼の81回目の誕生日である2017年11月16日、 彼の生まれ故郷からほど近いイタリアのヴァラーノ・デ・メルガーリにて受け渡されました。 エンジニアとして世界の最前線で活躍してきたジャンパオロ・ダラーラは45年前にビジネスを始めたヴァラーノ・デ・メルガーリの工場から 、第1号車であるダラーラをそのまま路上へと走らせました。

ランボルギーニやフェラーリで活躍した天才エンジニアジャンパオロダラーラがこのクルマを生み出した

長い準備期間を経て、2015年に20人のエンジニアと5人のメカニックがテクニカルディレクター、ジャンパオロ・ダラーラの元へ集い、 このプロジェクトはスタートしました。目標は 公道やサーキットでの運転の本当の歓びを再発見するための車作り。「 ロータス・セブンの時代から私が賞賛し始めたコリン・チャップマンが、このクルマの本質とシンプルさを高く評価してくれると思っています」とダラーラ オートモービルのジャンパオロ・ダラーラ社長は語っています。「 このプロジェクトは、レースから、そして顧客との交流から学んだことのすべてをまとめたものです。この車に乗った人は、素敵なドライブを楽しみながら、“クルマを運転する”という事への喜びを味わうことができます。」とダラーラ氏は付け加えました。

barchetta

ダラーラ・ストラダーレはシングルシートのレーシングカーのようにドアのないバルケッタモデル

基本構成として、ダラーラ・ストラダーレはシングルシートのレーシングカーのようにドアのないバルケッタモデルです。

roadster

フロントガラスを追加してロードスターに

フロントガラスを追加してロードスターにカスタマイズすることができます。

targa

Tフレームを追加すると、クルマはタルガとなり

coupe

ガルウィングドアをさらに追加することでクーペモデルに

Tフレームを追加すると、クルマはタルガとなり、ガルウィングドアをさらに追加することでクーペモデルになります。

with rear wing

主にトラック(サーキット)で使用したい方には、さらに優れたダウンフォースを生み出すリアウィングを

主にトラック(サーキット)で使用したい方には、さらに優れたダウンフォースを生み出すリアウィングを取り付けることも可能です。

東京モーターショーにはさらに特別なモデルが!

性能面でのカーカスタマイズは、リアウィングの追加だけにとどまらず、トラックセットアップ時に車高を下げることのできる調整可能なサスペンションを取り付けることができ、どんな路面状況においても高い快適性を保証します。

6速マニュアルトランスミッションを採用

ダラーラ・ストラダーレは6速マニュアルトランスミッションを採用していますが、オプションでシフトチェンジにおけるタイムラグを最小限にする「パドルシフト」システムを採用したオートマティックを選択することができます。マニュアル、オートマティックともに、“ノーマル”と“スポーツ”の2つの異なる走行モードを備えています。

複合材とカーボンファイバーを広範囲に使用することによって乾燥総重量855kg

複合材とカーボンファイバーを広範囲に使用することによって乾燥総重量855kgを実現することができました。この軽量化に隠されたロジックは “機能に適した素材選びと製造工程”です。 モノコック構造を採用しており、耐圧密閉容器の中で予め形成し、ボディの構成部品には長繊維を圧縮したモールディングを採用、外装パネルはカーボンファイバーシートで強化されています。

ダラーラストラダーレの価格表

そんなスーパーカー、ダラーラ・ストラダーレが2019年10月24日(木)から11月4日(月・祝)に東京ビッグサイトで行われる、第46回東京モーターショー2019で展示されます。今回は日本初お披露目となる「グロスブラックカーボンファイバーボディ」のデモカーの展示となります。日本でも1台のみの実車の展示となりますので、この機会に是非ご来場ください。

日本初お披露目となる「グロスブラックカーボンファイバーボディ」のデモカーの展示

第46回東京モーターショー2019
開催日:2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝)
開催場所:東京ビッグサイト(東京都江東区有明3丁目11-1)
有明エリア 南展示棟(南ホール3) 日本スーパーカー協会ブース内

販売:アトランティックカーズ
http://atlantic-c.jp/

この記事を読んでいる人にオススメの記事はこちら
ムゼオ・フェラーリ訪問記 特別展「HYPERCARS」と「Scuderia Ferrari 90Years」に魅了される
イタリアでもフェラーリは羨望の的! フェラリスティの小粋なミーティングに参加してきました!!
レースのフェラーリが始まった地に建つもうひとつの博物館「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」に行ってきました!

イタリアの情報が満載のメールマガジン登録はこちらをクリック

WRITER PROFILE
「SHOP ITALIA」編集部
「SHOP ITALIA」編集部

「SHOP ITALIA」編集部です。オフィスは港区北青山です。イタリアに関するさまざまなイベント、新製品などのニュースを募集中です。どうぞお気軽にご連絡ください。☛https://shop-italia.jp/contact/

PR

山崎貴監督インタビュー : 最新作『ルパン三世 THE FIRST』への思いを語る Vol.01

fiat magazine CIAO!
PR

イタリア人を笑顔にする車、チンクエチェント・ヴィンテージ|FIATオーナー紹介

fiat magazine CIAO!
PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa