ART & DESIGN 04 Sep 2018

トリノの夜空を彩どる光のアート「ルーチ・ダルティスタ」

SHARE

夜のトリノの街歩きが好きです。

12月も半ばを過ぎ、トリノの街もぐっと冷え込んで来ました。冬になると日没も早くなり、1日が短く感じて少し寂しい気分になりますが、この時期は夜だからこそ楽しめるものがあります。

トリノの石畳の街並みがイルミネーションの輝きでいっそう美しさを増しています。女王の散歩道として作られたアーケードを歩くと、頭上には星座をテーマにした光のアートが広がり、うっとりして思わず足をとめてしまいました。

冬のトリノを盛り上げるイルミネーション、ただのクリスマスイルミネーションではありません。

「ルーチ・ダルティスタ」開催中。トリノの街が光のミュージアムに!

現在、トリノの街のあちこちで光のアートイベント「ルーチ・ダルティスタ(Luci d’artista)」が開催されています。イタリア国内外で活躍する芸術家によって手がけられた光のコンテンポラリーアートが、冬のトリノの街中を彩っています。

ワインやトリュフなど美食の街として知られるトリノですが 、実はアートの街という一面も。年に1度開かれるイタリアで最も重要なコンテンポラリーアートの祭典、アルティッシマ(Artissima)やパラティッシマ(Paratissima)を目的に世界中から芸術家が訪れます。

これらのアートの祭典に合わせてトリノの名所であるモーレ・アントネリッアーナの塔(Mole Antonelliana)や、カプチーニ修道院(Monte dei Cappuccini)などを中心に10月から1月の間、創造的な光のコンテンポラリーアートが街中で楽しめます。

イタリアの最初の首都として栄え、中世から変わらない伝統的な街並みに、現代的な光のコンテンポラリーアートが組み合わされて独特の空間を作り出しています。厳格で気品漂う街の中で見る、美しい光の温かさは、トリノで出会った人々の優しさを思い起こさせてくれます。

12月はさらにツリーやクリスマーケットなども増え、明るく美しいクリスマスの雰囲気を楽しむことができるので、ついつい遠回りしたくなる夜のトリノ。おいしい料理とワインを楽しんだ後は、光のアートを鑑賞しながら街を散策してみるのはいかがでしょうか。

【初出:この記事は2017年12月26日、初公開されました@AGARU ITALIA】

WRITER PROFILE
マリーニ あゆみ Ayumi Marini
マリーニ あゆみ Ayumi Marini

イタリアソムリエ協会認定ソムリエ。客室乗務員として勤務後、ミスユニバースファイナリストに選出されたのを機にモデル、語学留学など経験。結婚後イタリアへ拠点を移し、ワインの宝庫ピエモンテでワインと出会う。旅とワインのブログではイタリアワインや旅の様子を発信中。  https://asmwine.com/

PR

モードとアバルトの美しき共通項 ピッティ・イマージネ・ウオモ95 現地リポート

ABARTH Scorpion Magazine
PR

サソリ160匹、ワイナリーに放たれる —これが本場イタリア式オーナーズ・ミーティングだー

ABARTH Scorpion Magazine
PR

FIATオリジナルジェラートを、シンチェリータで召しあがれ

fiat magazine CIAO!
PR

言葉を持つ靴職人、花田優一の理想の職人像は「精神鍛錬を積んだ人」

Mondo Alfa
PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!