COLUMN
ART & DESIGN 07 May 2018

ミラノサローネ2018で見つけた、コンパクト&シームレスなインテリア

池田 美樹 Miki Ikeda
SHARE

ミラノサローネとは、毎年4月にミラノで開催される世界最大規模の家具見本市「Salone del Mobile.Milano」のこと。もともとはイタリアの家具やインテリア小物の輸出を促進するために1961年に誕生したのが始まりです。この4月開催された第57回目となるミラノサローネから、インプレッションをレポートします。

発想豊かなコンパクトキッチン

インテリア以外に照明とキッチンの展示が年替わりで開催されるミラノサローネ。今年はキッチンの展示「エウロクチーナ」が行われていました。2年に1回ということもあってか、大変な盛り上がり。その中でも目を惹いたのが日本のメーカー、サンワカンパニーのキッチンでした。

「The Impact of Compact」というテーマの展示は、8台のコンパクトキッチン。まるでワードローブが入っているかのようなキャビネット型、どこへでも移動できる可動型、日本の間仕切りのような壁面型など、さまざまな側面から「コンパクト」の意味をとらえています。


カーブを描いたカラフルな木製キャビネットの内側にキッチンが隠れたAM01。メンディーニ兄弟によって1989年に始められたミラノの建築・デザイン事務所Atelier Mendiniのデザイン。アイランド型として部屋の中央に置くこともできる。



屋内から屋外へ、どこへでも簡単に移動できるコンパクトな可動式キッチンQB01。建築リサーチや家具などのビジュアルやイメージコーディネートを手がけるBestetti Associatiによる。近年、あちこちを旅するようになったノマディックで広い視野を持ったアクティブな女性達に、人生のいろいろな場面に合うようなキッチンをデザインしたかったそう。


壁面の裏側に隠されたユニットキッチンEO01は、襖や障子といった、「機能を隠す」日本の伝統的な空間の仕切りからヒントを得てデザイン。建築家でありインテリア・デザイナーでもあるElisa Ossinoは、自宅だけでなくオフィスなどでの使用も想定したという。

このサンワカンパニーの展示は、そのクリーンでミニマルな空間が評価され、今年で第3回となるミラノサローネ・アワードを受賞したことでも話題をさらっていました。

キッチンというと、自宅の中の決まった場所にあるイメージしかありませんでしたが、発想次第でこんなにもクリエイティブな拠点になるという発見があり、まさにインパクト大でした。

モジュールを組み合わせてカスタムメイドの空間をつくる

インテリアメーカーArperの新作「Kiik」が気になったのは、その自由度の高さ。座面、テーブル、オットマン、カウンターテーブルといった要素を組み合わせるモジュラーコレクションです。


憩い、仕事、会議といったさまざまなシーンにぴったりのカスタムメイドの空間を演出できるコレクションKiik。個人的空間にも公共空間にもなじむデザイン。


デザイナーの岩崎一郎は、ソニー株式会社デザインセンター勤務の後、渡伊。ミラノのデザイン事務所を経て帰国後、1995 年にイワサキデザインスタジオを設立。テーブルウェアや照明器具、家具などのインテリア用品から、デジタルカメラ、携帯電話などの精密電子機器まで、プロダクト全般のデザインを手がける。

様々なライフスタイルに合わせてインテリアも変化していくもの。それだったら、最初からインテリアそのものに自由を与えておこう、という考え方が、新しくも懐かしく感じられるのは、日本の和室の使い方がそれに近いと感じたから。

来る人と立ち去る人、待つ人と何かをする人の間にある空間を想定してつくられたというこのコレクション。その一期一会の瞬間を美しく彩ってくれそうです。

ワークプレイスとくつろぎは切り離せない要素

ミラノサローネ会場の中でも最大級の広さで参加者を圧倒した1949年創業のKartell。私が取材に行ったときはちょうど、フィリップ・スタルクが来場していたこともあり、大変な来場者数でした。

Smart design for smart peopleというタイトルで、これまでのアーカイブから最新作までを見せるという展示の中で気になったのがこの新作「I-table」。ワークプレイスにもなるダイニングテーブルに、IHヒーターが内蔵されています。

お湯を沸かしてお茶を飲んだり、スープを温めたり…働くことも、生活することも、遊ぶことも、すべて切り離せない、シームレスな今のライフスタイルを表すプロダクトです。


Piero Lissoniによってデザインされたスマートテーブル「I-table」。ガラストップに内蔵されたIHヒーター。使わない時は広いダイニングテーブルとして使用できる。

WRITER PROFILE
池田 美樹 Miki Ikeda
池田 美樹 Miki Ikeda

マガジンハウスにて「Olive」「anan」「Hanako」「クロワッサン」等の女性誌の編集者を歴任したのち、2017年に独立。「伝える」プロフェッショナルとしてEDIT THE WORLD & CO. を立ち上げる。2011年〜2013年、NHK BS-1の『地球テレビ エル・ムンド』にレギュラー出演、世界のカルチャー情報を伝えるなどメディア出演歴も多数。シャンパーニュ騎士団(Ordre Des Coteaux De Champagne)シュヴァリエ。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士過程に在学し、女性のエンパワーメントについて研究中。

PR

首都高C2でアバルト595コンペティツィオーネと戯れる。

ABARTH Scorpion Magazine
PR

ルパンがフィアットを愛する理由。『ルパン三世 PART5』浄園祐プロデューサーインタビュー

fiat magazine CIAO!
PR

アルファ ロメオだからこそ作り得たSUVとは。モータージャーナリスト岡崎 五朗氏が解き明かす。

Mondo Alfa
PR

定番の魅力はさり気なさに〜パンダの底力「歴史とデザイン」

fiat magazine CIAO!
PR

SUVになかったモノがアバルトにはあった アバルトライフFile.14 横澤さんと595コンペティツィオーネ

ABARTH Scorpion Magazine
PR

高機能かつスタイリッシュ! 干場義雅氏がレコメンドする“紳士”のためのレイングッズ特集

Mondo Alfa