ホーム > パティシエが語る、イタリアンチョコレートの魅力

パティシエが語る、イタリアンチョコレートの魅力

パティシエが語るイタリアンチョコレートの魅力

パティシエが語るイタリアンチョコレートの魅力

チョコレートで有名な国といえば、ベルギーやフランスなどが挙げられますが、
実はイタリアもそのひとつ!
歴史ある老舗が多い、おいしいチョコレートの国なのです。
今回は、その老舗のひとつ「マイアーニ」のチョコレートを、
パティシエの武元まどかさんがテイスティング。
イタリアンチョコレートの魅力を、たっぷり語っていただきます。

なめらかな口溶けとナッツの風味。はじめて食べたとき、衝撃を受けました。

なめらかな口溶けとナッツの風味。はじめて食べたとき、衝撃を受けました。

チョコレートの歴史にかかせない国「イタリア」

本場ヨーロッパのチョコレートと言われて、思い浮かべるもののひとつに、ナッツ・ペーストを混ぜた「ジャンドゥーヤ」というチョコレートがあります。実は、これはイタリアで生まれたチョコレートなんです。チョコレートとナッツ・ペーストという組み合わせが誕生したのは、ナポレオン政権時代。原材料であるカカオ豆の取り締まりがあったことが、きっかけのようです。

その取り締まりの打開策として、イタリアで豊富に獲れたヘーゼルナッツをチョコレートに混ぜ、割合を変えて逃れたことから生まれたのが「ジャンドゥーヤ」の歴史なのです。その後、ヨーロッパ中に広まったことから、イタリアは、チョコレートのおいしい国として有名になったようです。

ゆっくりと時間をかけて楽しみたい、贅沢なひと粒

私がイタリアンチョコレートと出逢ったのは、10年程前のこと。はじめて食べた時の衝撃は、いまでも忘れられません!今回食べたイタリアンチョコレートは、ナッツ・ペーストとチョコレートという組み合わせが絶妙。お互いの香り高さを、一層引き立たせていますね。ひと粒で、とっても心地よい余韻に浸れました。ひと粒ひと粒、ゆっくり時間をかけて楽しみたい、そんな贅沢さを感じました。

濃厚な味わいなのに、しつこくない絶妙なブレンド。コーヒーだけでなく、日本酒や芋焼酎など、香りがしっかりとしたお酒とも相性が良さそうですね。また、口溶けの良さにもとても驚きました。私もパティシエとして、チョコレートと向き合う機会がよくありますが、このなめらかさは簡単につくれるものではありませんね。イタリアのショコラティエの技術と、イタリアに伝わる伝統の奥深さを感じました。

センスあふれる「おいしさ」と「おしゃれさ」

チョコレートの個性は、国によってそれぞれ。なかでも、イタリアンチョコレートは、デザイン性や遊び心が際立っていると思います。ひと言でいうと「おしゃれ」っていう感じですね。特に「マイアーニ」のパッケージは秀逸!自動車のカタチをしたチョコレートなどは、男性へのプレゼントにもってこい。カタチはもちろん、包み紙まで凝っているところも、さすがイタリアンブランドですね。チョコレートを選んでいるだけでも、楽しい気持ちになります。丁寧につくられた贅沢なおいしさと、センスの光るおしゃれなパッケージ。味わいやデザインはもちろん、イタリアンチョコレートをいろいろな視点で愉しんでもらいたいですね。

PROFILEプロフィール

武元まどか(矢倉まどか) :
1986年生まれ。casita青山本店のパティシエとして、
デザートやオリジナルウエディングケーキ製作を手掛けていた経験を持つ。
現在は、東京スイーツ&カフェ専門学校の講師として技術指導を行いながら、
マッシュフードラボのスイーツを手掛ける。

「マイアーニ」と「FIAT」は100年以上も仲がいい

イタリアのチョコレートブランド「マイアーニ」とイタリアの自動車ブランド「FIAT」。この2つの老舗がコラボレーションした「FIATチョコレート」の誕生は、なんと1911年。FIAT社のプライベートチョコレートとして、上流階級の人々や文化人に配られたのがはじまりだそうです。

それから100年以上。「マイアーニ」のチョコレートは、いまでも当時と変わらぬ原材料と製法でつくられています。こんなストーリーが語れるのも、イタリアの老舗ならでは。「マイアーニ」は、バレンタインや特別な日のプレゼントはもちろん、自分へのご褒美にもピッタリな味わい深いチョコレートです。

FOLLOW US

  • Twitter
  • Facebook
CATEGORY
BRAND
  • a domani! イタリア留学相談無料&手続き代行無料
  • お買い上げ合計金額10,000円(税込)以上で送料無料!
  • Facebook Shop Italia mia
  • Facebook Pomi