ホーム > クリスマス2015インタビュー

パネトーネ、パンドーロ販売決定!

12月19日(土)青山ファーマーズマーケットにてイタリアのクリスマスの伝統菓子、パネトーネ・パンドーロを販売!

12月19日(土)青山ファーマーズマーケットにてイタリアのクリスマスの伝統菓子、パネトーネ・パンドーロを販売!

イタリア菓子のパティシエをされている、佐藤 雅之さんにパネトーネ・パンドーロについて語っていただきました!対談の相手はイタリア出身のミランダさんです!2人は以前同じイタリア専門菓子のお店で働いていて、ミランダさんは佐藤さんのことを当時から「ズッケロ」と呼んでいるそう。パネトーネとは?パンドーロってなに?イタリアの文化について、佐藤さんについて、触れてみましょう!

※ズッケロ・・・イタリア語で「砂糖」という意味。

ミランダさん(左)と佐藤雅之さん(右)

写真向かって左がミランダさん。右が佐藤 雅之(ズッケロ)さん。

  • 1パティシエ・佐藤さんについて

  • 2パネトーネ・パンドーロとは?

  • 3おすすめの食べ方は?

ミランダ(以下 M):パティシエになったきっかけや、なぜイタリアのお菓子に興味をもちはじめたのかを教えてください

佐藤(以下 S):元々お菓子作りが好きだったのと、高校3年生のころ進路を決める時に大学への進学にあまり興味を持てなくて...。笑

M:大学に行きたくなかったんだ。笑

S :半分はね。笑 もう半分の理由はやっぱりお菓子を人に作ってあげて喜んでもらうのが嬉しかったから。それでパティシエの専門学校へ行き、2年間学びました。1年間は日本、1年間はフランスで。フランスで過ごした内の半年間はフランスの学校へ行き、残りの半年間はフランスの研修先に送り出されましたね。

S:フランスでの研修中に、バカンスでイタリアのフィレンツェに行って。そこで「スフォリアテッラ」を初めて食べて。すごく感動して...このお菓子に出会ったのをきっかけにイタリアに興味を持ったんだよね。帰国した後、イタリア菓子専門家の藤田さんという方に出逢い、彼と一緒にお店をやりはじめました。そこでイタリア菓子を知っていくにつれて結構奥深いなと思って。そこからパティシエ歴は今年で10年目になりますね。

※スフォリアテッラ(Sfogliatella)とは…イタリアの伝統焼き菓子。イタリア語で「ひだを何枚も重ねた」という意味。その名の通り生地が何層にも重なった見た目は、まるで貝のようなパイ状の焼き菓子です。

M:パネトーネとパンドーロとは、簡単に言うとどんなもの?

S:どちらもイタリアの伝統的なクリスマスのお菓子のひとつですね。パンドーロはパネトーネに比べると味も見た目もすごくシンプル。どちらも日本ではあまり知られていないんですよね...。

M:最近少しずつ日本にも入ってきていると思うんだけど...まだ知ってる人が少ないですよね。

S:作り手も、特にパティシエの作り手は少なくて。パン屋とかだと作ってるお店はありますよ!

M:日本人の口には合うと思いますか?

S:パネットーネは本場のものより、軽めにすれば日本人にも合うと思う。実際、僕が作るものも香りや甘さを少し控えめにしてあります。

M:でもイタリアの伝統的なパネットーネの味は守られているんですよね?

S:もちろん!どちらかと言えば、パンドーロの方が日本人に合うと思う。具材も入ってなくてシンプルだし、香りも日本人が好む匂いかな。というのが僕の純粋な意見ですね。

M:イタリアではパネットーネ派とパンドーロ派がはっきりしていますが日本はどうでしょう?

S:日本はまず知ってる人が少ないけど、知ってる人の中でもやっぱり分かれるかなあ。ちなみに僕はどちらかというと、パンドーロが好きですね。すごく僅差だけど。

M:日本人が知っているお菓子に例えるならば?

S:パンドーロは食感とか、どちらかというとパンに近いですね。甘くて、シンプル、リッチなパン。パネットーネはミックスフルーツを使ったパウンドとかマフィンが一番近いかな。

M:パネトーネのおすすめの食べ方は?

S:おすすめはおやつに食べる時とかは少し温めて生クリームを添えて食べる。朝ごはんだったらそのまま食べるのがいいかな。

M:イタリア人はクリスマスの日の食後に食べます。ランチの後とかに。食後のデザートとして、それもあり?飲み物は紅茶やコーヒーが合う?

S:それもありだとおもうよ!紅茶もコーヒーも両方合うと思う。個人的にはミルク入っていた方が合うと思うな。

M:パンドーロのおすすめの食べ方は?

S:これは付属のバニラシュガーをかけて食べるのが一番シンプルでおいしい。

M:バニラシュガーがないと違うものになっちゃうもんね。

S:違うね。あれは本当に必須かな。あとは本当に軽く温めてグランマルニエというオレンジのお酒。それを焼きたてのところにちょっと塗って食べる。これも本当におすすめ。お酒が大丈夫な人だったらね。お酒入ってるし、食後のデザートにいいかな。

M:最後に。それぞれの作り方について。パネトーネを作るのってすごく手間がかかるって聞いたんですけど...

S:すごい手間かかるね!3日間かけて焼き上げます。生地をつくるので2日、発酵で大体半日〜1日くらい。パネトーネ菌を発酵させないといけないので。パンドーロの方が時間かからないけど大体2日くらいかなあ。

M:簡単に家で作れるものではないんですね。そう、イタリア人も自分で作らないですね。昔は作ってたんだけど...全然だめだった!笑 プロが作ったものをプレゼントしたほうがいいですね!

イベント情報

佐藤さんが作ったパネトーネ・パンドーロは下記のイベントで購入可能です!

  • [イベント名] 青山ファーマーズマーケット
  • [場所] 東京都渋谷区神宮前5-53-70 表参道駅 国際連合大学前広場
  • [日付] 2015年12月19日(土)
  • [時間] 10:00 - 16:00
  • http://farmersmarkets.jp/

地図

販売内容

ギフトにもおすすめ!バスケット付きのセットも購入できます!

  • ・パネットーネ 単品 限定5個 2,700円(税込)
  • ・パンドーロ 単品 限定5個 2,500円(税込)
  • ・パネットーネ+ベルルッキ 限定5セット 4,500円(税込)
  • ・パンドーロ+ベルルッキ 限定5セット 4,300円(税込)

パネトーネ/パンドーロ

※写真はイメージです。

RELATED ITEM

    • NEW
    • 限定品

    クリスマス ギフトセット -BUON NATALE- 20セット限定
    6,800円(税込)

    READ MORE
    • 送料無料
    • 限定品

    【送料無料】フランチャコルタ D.O.C.G ブリュット&マックスロゼ
    7,830円 (税込)

    READ MORE

    キュベ インペリアーレ フランチャコルタ D.O.C.G ブリュット(イタリアワイン)375ml
    2,624円(税込)

    READ MORE

FOLLOW US

  • Twitter
  • Facebook
CATEGORY
BRAND
  • a domani! イタリア留学相談無料&手続き代行無料
  • お買い上げ合計金額10,000円(税込)以上で送料無料!
  • Facebook Shop Italia mia
  • Facebook Pomi